給食米を供給するJA工場内に数年前からハト…床や機械にフンや羽根、100校で使用停止

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府の守口、枚方、寝屋川、門真4市の小学校など計約100校に給食の米を納入していたJA北河内営農センター(枚方市)の精米工場にハトが入り込み、4市は「衛生上の問題がある」として、20日、米の使用を停止した。枚方市保健所は23日、同センターに対し、衛生管理について改善し、文書で報告するように求めた。JA北河内は「不安を抱かせ反省している。駆除や消毒を徹底する」と謝罪した。

 4市やJA北河内によると、今月17日、守口市内の小学生男児が食べた米飯にホチキスの針が入っており、同市教育委員会が19日に調査。工場内に複数のハトがおり、床や機械などにフンや羽根がついていた。ハトは数年前から入り込んでいたという。

 JA北河内は「米は密閉したパイプ内で精米されるため、フンや羽根が混入することはない」としているが、4市は20日、米の使用を停止。パン食に変更したり、別業者から米を納入したりしているが、一部の学校では20日、確保が間に合わず、主食が提供できなかった。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3024480 0 社会 2022/05/23 20:52:00 2022/05/23 22:42:01 2022/05/23 22:42:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50136-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)