住宅全焼で焼け跡から遺体、12歳長男が不明…両親は仕事で外出中

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 23日午後4時半頃、岐阜県可児市の男性会社員(40)方から出火、鉄骨2階住宅約180平方メートルを全焼し、焼け跡の2階部分から性別不明の1人の遺体が見つかった。男性の長男(12)と連絡が取れておらず、岐阜県警可児署が身元の確認を進めている。

 同署の発表によると、男性は妻(37)と長女(16)、長男の4人暮らし。長女は煙を吸って病院に搬送されたが、命に別条はないという。男性と妻は仕事で外出していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3024641 0 社会 2022/05/23 21:28:00 2022/05/23 21:28:00 2022/05/23 21:28:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50141-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)