殺人罪初公判、映像見た裁判員が体調不良で解任…補充裁判員おらず日程取り消しに

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 内縁の夫を殺害したとして、殺人罪に問われた青森県十和田市、エステサロン経営の女(28)に対する裁判員裁判の初公判が23日、青森地裁(寺尾亮裁判長)であった。女は「殺そうと思ったことは一度もない」と無罪を主張し、弁護側は正当防衛を訴えた。また、裁判員1人が公判中に体調不良を訴えて解任された。補充裁判員もいなかったことから、地裁は残りの公判日程をいったん取り消し、改めて裁判員を選ぶ。

青森地方裁判所
青森地方裁判所

 起訴状では、女は昨年3月29日夜、自宅で内縁の夫(当時30歳)の首をパン切り包丁で突き刺し、殺害したとしている。

 検察側は冒頭陳述で「女は酒を飲んで内縁の夫と口論になった際、思い通りにならないことに激高して殺害した」と主張。弁護側は「内縁の夫から暴力を受け、威嚇するため包丁を持ったところ、もみ合いになり刺さった」と反論した。

 公判で検察側は、女が事件当時にスマートフォンで撮影していた動画を証拠提出。包丁が刺さる場面などは映っていなかったが、音声は聞き取れる状態で、視聴した裁判員1人が体調不良を訴えた。地裁は休廷を経て、この裁判員の解任を決めた。

 地裁は裁判員6人と補充裁判員2人を選任していたが、裁判員2人が辞退を申し出て、すでに補充が行われていた。このため、公判は補充裁判員がいない状態で始まっていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3024978 0 社会 2022/05/23 22:48:00 2022/05/24 03:46:35 2022/05/24 03:46:35 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50163-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)