駐車場にへその緒ついた赤ちゃん、近所の小学生が発見…毛布にくるまれた状態

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 23日午後4時25分頃、千葉市稲毛区の駐車場で、女の赤ちゃんが置き去りにされているのを近くに住む小学生が見つけ、その母親が110番した。千葉北署が保護責任者遺棄容疑などで捜査している。

赤ちゃんが放置されていた駐車場(23日夜、千葉市稲毛区で)
赤ちゃんが放置されていた駐車場(23日夜、千葉市稲毛区で)

 千葉北署の発表によると、赤ちゃんはへその緒がついたままで、生後間もないとみられる。駐車場の端のアスファルトの上に毛布にくるまれた状態で置かれていた。身に着けているのはおむつだけだった。病院に搬送され、命に別条はないという。

千葉県警察本部
千葉県警察本部

 現場はJR総武線四街道駅の北西1・9キロの住宅街。近所の40歳代女性は「規制線が張られていて何事かと思った。まさかこんな場所に赤ちゃんが放置されているとは」と驚いた様子で話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3025004 0 社会 2022/05/23 23:01:00 2022/05/24 07:24:13 2022/05/24 07:24:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50169-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)