田んぼでラグビー、大人も子どもも泥まみれ…小3「トライも取れた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 田植え前の田んぼでラグビーを楽しむイベントが埼玉県富士見市 下南畑しもなんばた で22日に開かれ、子どもから大人まで約50人が泥だらけになって 楕円だえん 球を追いかけた。

泥水にまみれてトライを狙う参加者(22日、富士見市下南畑で)
泥水にまみれてトライを狙う参加者(22日、富士見市下南畑で)

 同市などで活動する「東入間ラグビーフットボールクラブ」が南畑地域の田園風景とラグビーの魅力を伝えようと企画。今回が3回目だが、コロナ禍で中止が続き、開催は3年ぶり。SNSで参加を呼びかけたところ、東京や大阪から駆けつける人もいた。

 参加者は1チーム4人になり、足袋などを履いて縦22メートル、横16メートルのフィールドに入場。初心者でも楽しめるよう、タックルの代わりに体にタッチするルールが採用されたが、足を取られ、開始直後から泥まみれになる人が続出した。参加した小学3年の男児(8)は顔の泥をぬぐいながら「楽しかった。トライも取れてうれしい」と喜んでいた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3028784 0 社会 2022/05/25 10:17:00 2022/05/25 10:17:00 2022/05/25 10:17:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)