月利10~15%のFX投資かたり1億5000万円集金か…指導役の男を逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外国為替証拠金取引(FX取引)に投資すればもうかると偽り現金をだまし取ったとして、警視庁は23日、東京都中野区の職業不詳の男(37)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。だましの電話をかける「かけ子」の指導役だったとみている。逮捕は23日。

警視庁
警視庁

 発表によると、男は仲間と共謀して昨年7月、投資関連会社「オーシャンプロジェクト」社員を名乗って長野県の50歳代の女性に電話し「インド洋の島国セーシェルの証券会社が販売しているFX取引の商品に投資すれば、月利10~15%になる」とうそを言って現金約5万円を振り込ませてだまし取った疑い。

 投資の事実はなく、スマートフォンアプリで架空の運用実績を被害者らに示し、信用させていた。警視庁は今年2月以降、同社社員を名乗るグループのかけ子9人を詐欺容疑で逮捕。グループが昨夏に同様の手口で約50人から計約1億5000万円を集めたとみている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3026023 0 社会 2022/05/24 12:01:00 2022/05/24 12:01:00 2022/05/24 12:01:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)