「性別変更」を侮辱…勤務先の病院側が謝罪

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 性同一性障害で性別を変更したことを勤務先の病院で公表され、精神的苦痛を受けたとして、元看護助手の女性(51)が病院を運営する医療法人(大阪府吹田市)に約1200万円の損害賠償を求めた訴訟は、大阪地裁で和解が成立した。法人側が謝罪し、解決金(非公表)を支払う。17日付。

大阪地方裁判所
大阪地方裁判所

 訴状によると、女性は2004年に戸籍上の性別を男性から変更。13年から病院で働き始めたが、性別を変えたことを上司が無断で同僚らに伝えた。同僚から男性のような名前で呼ばれ、侮辱された。女性の代理人弁護士によると、茨木労働基準監督署(大阪府茨木市)は21年2月、職場での侮辱が原因で精神障害を発症したとして労災認定していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3028193 0 社会 2022/05/25 00:34:00 2022/06/01 14:22:42 2022/06/01 14:22:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYT1I50121-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)