コロナ給付金だまし取った元キャリア官僚、2審も実刑…被告側の控訴を棄却

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国の新型コロナウイルス対策給付金計約1550万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元経済産業省キャリア官僚の桜井真被告(29)(懲戒免職)の控訴審判決で、東京高裁(石井俊和裁判長)は24日、懲役2年6月の実刑とした1審・東京地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

北朝鮮のコロナ発熱者、1日あたりで1万人を下回る…「第1波終わった」との見方

 控訴審で被告側は「実刑は重すぎる」として執行猶予付きの判決を求めた。だが高裁は、桜井被告が犯行を主導し、だまし取った金の相当部分を得たなどとして、実刑が妥当と判断した。

東京高裁
東京高裁

 判決によると、桜井被告は2020年5月~21年1月、友人で同省の同僚だった男(29)(有罪確定)と共謀し、コロナ禍で売り上げを減らした企業の関係者を装い、国の持続化給付金や家賃支援給付金を詐取した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3027390 0 社会 2022/05/24 20:24:00 2022/05/24 20:24:00 2022/05/24 20:24:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYT1I50126-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)