捜査車両で10分以上包囲、警官が転倒させた行為など「許容範囲を超えている」…無罪判決

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 液体大麻を所持したとして大麻取締法違反(所持)に問われた大津市の自営業男性(46)に対し、大津地裁は23日、京都府警が行った捜査に重大な違法性があり犯罪を証明できないとして無罪(求刑・懲役1年6月)を言い渡した。

京都府警察本部
京都府警察本部

 判決によると、男性は2018年6月30日未明、京都市内で府警の警察官から職務質問され、任意同行を求められたが拒否。タクシーや電車を使ってJR大津駅まで移動したところで、線路に立ち入り、府警が鉄道営業法違反などの疑いで現行犯逮捕(不起訴)した。その際、男性が液体大麻を投げ捨て、押収した滋賀県警が大麻取締法違反容疑で逮捕していた。

 高橋孝治裁判官は、男性は薬物使用が疑われ「職務質問を続ける必要性が高かった」とする一方、男性が乗車したタクシーを捜査車両で包囲し、10分以上降車を求めた状況を「任意捜査の許容範囲を明らかに超えている」と指摘。タクシーを降りた男性を警察官が転倒させた行為も違法とした。

 さらに、府警の警察官らが報告書に虚偽の記載をし、申し合わせて法廷でうそを述べた疑いがぬぐえないとも指摘。違法行為を伴う捜査で押収された液体大麻を証拠採用できず、無罪とするのが相当だと結論づけた。

 大津地検の福田尚司次席は「判決の内容を精査し、適切に対応する」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3029924 0 社会 2022/05/25 18:07:00 2022/05/26 08:34:51 2022/05/26 08:34:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220525-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)