水深182mの「カズワン」引き揚げへ、無人潜水機を投入…落下で船体前方の手すり取れる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道・知床半島沖で乗客乗員26人を乗せた観光船「KAZU I(カズワン)」が沈没した事故で、第1管区海上保安本部は25日、海底に落下したカズワンを再び海面近くにまでつり上げるため、無人潜水機の海中投入などの準備作業が始まったと発表した。「ベルトスリング」と呼ばれるナイロン製の帯を船体に取り付ける。作業台船「海進」に26日、引き揚げる予定だという。

運輸安全委、観光船「カズワン」の本格的な船体調査を開始
無人潜水機(中央)を落下海域に下ろす準備が進む作業船(25日午前8時32分、北海道斜里町沖で、読売チャーターヘリから)=佐々木紀明撮影
無人潜水機(中央)を落下海域に下ろす準備が進む作業船(25日午前8時32分、北海道斜里町沖で、読売チャーターヘリから)=佐々木紀明撮影

 海進は24日、カズワンを深さ20メートルの海中につり下げて浅瀬に向かっていた。しかし、ベルトスリング2本が切れ、カズワンはウトロ漁港沖約11キロの水深182メートルの海底に沈んだ。落下により、船体前方の手すりが取れていることが確認されたという。

 再度のつり上げでは、より強度が強いベルトスリングを使用する。26日には、海進の側面に船体を固定する「横抱き」という手法で、カズワンを浅い海域まで移動させ、海進の上に引き揚げる。

 1管によると、再度のつり上げに向けた準備では、専門業者が25日午前8時30分過ぎ、無人潜水機を海中に投入した。前回のつり上げ時に、潜水士が船内の備品が落ちないよう客室のドアを閉じるなどの作業を済ませており、今回は特殊技術「飽和潜水」は行わない。

 一方、1管は25日、ロシア警備艦が4月末に国後島西側の海域で引き揚げたリュックサックについて、5月24日に家族へ引き渡されたことを明らかにした。

知床観光船事故の最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3029059 0 社会 2022/05/25 12:13:00 2022/05/25 12:13:00 2022/05/25 12:13:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220525-OYT1I50080-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)