農業用水再開に向け試験給水実施…愛知の大規模漏水、水圧弱く届かない場所も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県豊田市の取水施設「明治用水 頭首工とうしゅこう 」で大規模漏水が発生した問題で、東海農政局と地元の土地改良区は25日、停止している農業用水の再開に向けた試験給水を行った。

大規模漏水から1週間、仮設ポンプを増やして取水している明治用水頭首工(24日午後4時39分、愛知県豊田市で)
大規模漏水から1週間、仮設ポンプを増やして取水している明治用水頭首工(24日午後4時39分、愛知県豊田市で)

 試験給水は用水路が通る同県安城市や豊田市など約1000ヘクタールの範囲で実施した。土地改良区によると、水圧が弱いため、全く水が届かない場所もあった。農政局などはポンプを増設し、26日も場所を変えて試験給水を続ける。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3030105 0 社会 2022/05/25 20:14:00 2022/05/26 00:36:12 2022/05/26 00:36:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220525-OYT1I50150-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)