阿武町職員にネット中傷、節度ある対応求める町長…元々の原因には「返す言葉もない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山口県阿武町が新型コロナウイルス対策関連の給付金4630万円を誤入金し、全額が出金された事件を巡り、インターネット上で職員が 誹謗ひぼう 中傷されているとして、町が節度ある対応を求めている。事実無根の書き込みなどが確認されており、一部の職員が心身の疲弊を訴えているという。

4630万円誤給付、町が残りの340万円も法的に確保
誤給付問題について記者会見する阿武町の花田町長(左)と中山弁護士(24日午後、山口県阿武町で)=木佐貫冬星撮影
誤給付問題について記者会見する阿武町の花田町長(左)と中山弁護士(24日午後、山口県阿武町で)=木佐貫冬星撮影

 「重要なお願いが一つあります」。給付金の9割を法的に回収できるめどが立った24日の記者会見で、花田憲彦町長は心ない書き込みなどの情報が拡散していると指摘。「『元の原因を作ったのは自分たちだろう』と言われれば、返す言葉はありません」とした上で、「節度ある対応をお願いします」と語った。

阿武町役場
阿武町役場

 町によると、誤入金の発端が職員のミスと認めているが、ネット上の書き込みなどで職員らが心を病むような状況になり、職員の家族にも二次被害が及んでいるという。

 一方、苦情や批判の電話が町役場に1日数百本も寄せられている。職員が対応に追われ、つながりにくい状況が続いている。一時は「なぜ町役場に電話がかからないのか」と、別組織の町社会福祉協議会に電話をかけてきたケースもあったという。

4630万円誤給付の最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3030969 0 社会 2022/05/26 07:15:00 2022/05/26 12:32:52 2022/05/26 12:32:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220525-OYT1I50170-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)