病院に運ばれた男性死亡、ガールズバーでの暴行が原因と判断…店員を傷害致死容疑で再逮捕へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都渋谷区の都立広尾病院に今月18日、負傷した男性が運び込まれ、その後死亡した事件で、警視庁は、住所不詳でガールズバー店員の村田圭司容疑者(32)(暴行容疑で逮捕)を傷害致死容疑で26日に再逮捕する方針を固めた。コンビニ店で面識のない被害者に因縁をつけ、勤務先の店に連れ帰って暴行を加えたとみて調べている。

警視庁
警視庁

 捜査関係者によると、村田容疑者は18日、港区新橋の勤務先のガールズバー店内で、派遣社員の田中寿和さん(50)(東京都北区滝野川)の頭などに殴る蹴るの暴行を加え、死亡させた疑いが持たれている。

 村田容疑者は18日朝、港区新橋のコンビニ店で面識のない田中さんに因縁をつけ、近くのガールズバーに連れて行ったという。調べに「酒に酔っていて、店内で殴った後に寝てしまい、起きたら(田中さんが)ぐったりしていたので車で病院に運んだ」と供述している。

 田中さんはこの日、仕事に向かう途中でコンビニ店に立ち寄ったとみられる。警視庁は、コンビニ店内で田中さんを殴った暴行容疑で19日に村田容疑者を逮捕し、田中さんが死亡した経緯を調べていた。

 司法解剖の結果、田中さんの死因は急性硬膜下血腫による脳ヘルニアで、警視庁は村田容疑者によるガールズバー店内での暴行が原因と判断した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3030658 0 社会 2022/05/26 00:00:00 2022/05/26 00:00:00 2022/05/26 00:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220525-OYT1I50175-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)