犬の散歩中の70歳、クマともみ合い川に転落…秋田県全域に出没警報

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 25日午前4時10分頃、秋田県仙北市田沢湖梅沢で、近くの農業男性(70)がクマに襲われ、腕の骨を折るなど全治3か月の重傷を負った。命に別条はないという。

ツキノワグマ(2016年7月、福島市で)
ツキノワグマ(2016年7月、福島市で)

 仙北署の発表によると、男性は犬の散歩中、杉林から現れたクマに額をひっかかれたほか、右肘付近をかまれてもみ合いになり、そのまま2~3メートルほど下の川に転げ落ちた。自宅に戻って自ら119番し、大仙市内の病院に運ばれた。

 また、25日午後3時10分頃、北秋田市坊沢の水田で、農業男性(78)がクマに襲われ、顔に大けがを負った。

 北秋田署の発表によると、男性は1人で農作業をしていてクマに襲われた。親族が119番し、ドクターヘリで秋田市内の病院に搬送されたという。

 クマの被害が増えていることを受け、県は25日、今年度初となるツキノワグマ出没警報を県内全域に発令した。6月30日まで。県自然保護課は「山菜採りなどで入山する際は鈴やラジオで音を出し、できるだけ複数で行動してほしい」と呼びかける。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3031076 0 社会 2022/05/26 09:00:00 2022/05/26 09:00:00 2022/05/26 09:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220526-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)