ロシア食品専門店の看板破壊、米国籍の男逮捕…「職員メッタ刺し」とメールした女は書類送検

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都中央区銀座のロシア食品専門店の看板を壊したとして、警視庁築地署は24日、米国籍の都内の会社員の男(53)を器物損壊容疑で逮捕した。ロシアのウクライナ侵攻以降、同店や関連会社では無言電話や看板が傷つけられる嫌がらせ行為が相次いでいた。

プーチン氏が訪露要請、習近平氏は「近い将来は困難」…ウクライナ侵略長期化で温度差
警視庁
警視庁

 築地署幹部によると、男は2月28日夜、同店前の路上で店の立て看板を足で蹴って壊した疑い。

 また、築地署は同店に3月、「職員をメッタ刺しにする」というメールを送ったとして、神奈川県内の20歳代の女を脅迫容疑で東京地検に書類送検した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3031544 0 社会 2022/05/26 11:50:00 2022/05/26 11:50:00 2022/05/26 11:50:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220526-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)