なんと純金製、「一反木綿」にまたがる「ゲゲゲの鬼太郎」…トラや「マッハ号」も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

純金の「ゲゲゲの鬼太郎」(c)水木プロダクション(下京区で)
純金の「ゲゲゲの鬼太郎」(c)水木プロダクション(下京区で)

  とら 年にちなんだ「黄金の虎」や純金製の「ゲゲゲの鬼太郎」などの金製品約1000点を展示・販売する「大黄金展」が、高島屋京都店(下京区)で30日まで開かれている。

寅年にちなんで展示された「黄金の虎」(下京区で)
寅年にちなんで展示された「黄金の虎」(下京区で)

 水木しげる生誕100周年を記念したゲゲゲの鬼太郎は「一反木綿」にまたがった姿で展示。高さ約6・5センチ、重さ約25グラムで、税込み132万円。黄金の虎(全長約2メートル、非売品)には、 金箔きんぱく 約1900枚が貼られている。

 このほか、アニメ制作会社タツノコプロの60周年を記念した純金の「マッハ号」(全長約12・5センチ、550万円)や、18金の仏具「おりん」(直径約6・9センチ、337万7000円)なども並べている。

 新型コロナウイルスの感染拡大やロシアのウクライナ侵攻で、安定資産とされる金への関心が高まっており、金価格は高水準で推移している。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3040225 0 社会 2022/05/29 19:39:00 2022/05/29 19:39:00 2022/05/29 19:39:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220526-OYT1I50173-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)