「胸が刺すように痛い」50代上司がホテルで意識失う…電話で指示仰ぎ心臓マッサージ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 金沢市此花町の「ホテルエコノ金沢駅前」の客室で、心肺停止になった50歳代の男性に自動体外式除細動器(AED)の装着や心臓マッサージを行って救命したとして、金沢市消防局は、宝達志水町の会社員勝田充さん(40)と同ホテルに表彰状を贈った。電話で心臓マッサージの方法など、指示を仰ぎながらの救命活動だったという。

森川消防局次長から表彰状を受け取る「ホテルエコノ金沢駅前」の猪八重さん(23日、金沢市消防局で)
森川消防局次長から表彰状を受け取る「ホテルエコノ金沢駅前」の猪八重さん(23日、金沢市消防局で)

 勝田さんや市消防局などによると、勝田さんは会社の役員会に出席するため、金沢市内の実家に滞在していた2月19日午前9時頃、上司の50歳代男性から「胸が刺すように痛い」と連絡を受けた。心配になった勝田さんは、午前10時頃、男性が宿泊していた同ホテルを訪問。男性はしんどそうにしており、「病院に行こう」などと話した後、あおむけに倒れて意識を失った。

 勝田さんはすぐに119番し、消防隊が到着するまでの約5分間、AEDを客室に届けるようフロントに連絡したり、男性に心臓マッサージをしたりした。勝田さん自身は、応急手当ての訓練や講習を受けたことはなく、「まったくの素人なので、何をすればいいか教えてくれ」と電話で消防の指示を仰ぎながら手当てしたという。勝田さんは「助けたいという思いで、無我夢中だった。息をしていない人と一緒にいるのは、とても長く感じた」と振り返った。男性は回復し、3月8日に退院したという。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3038303 0 社会 2022/05/28 18:01:00 2022/05/28 19:44:11 2022/05/28 19:44:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220527-OYT1I50140-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)