「なんで女装してんねん」と性自認を侮辱され、うつ状態に…元上司らを提訴

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」の30歳代の会社員が27日、勤務先の元上司らから、性的指向や性自認について侮辱される「 SOGIソジ ハラスメント(SOGIハラ)」を受けたなどとして、約550万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

東京地裁
東京地裁

 訴状などによると、原告の会社員は戸籍上の性は男性だが、女性として生活。2018年4月にイラストなどの投稿サイトを運営する「ピクシブ」(東京)に入社した後、元上司の男性らから体を触られたり、「なんで女装してんねん」などと差別的な発言を受けたりしたとしている。今年1月にうつ状態などと診断され、約3か月間休職したという。

 東京都内で記者会見した原告は「性的マイノリティーは声を上げにくい。LGBT(性的少数者)でも、被害は被害なので、そういう認識が広まってほしい」と訴えた。ピクシブは「訴状内容を確認の上、適切な対応を行う」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3037233 0 社会 2022/05/28 07:17:00 2022/05/28 07:17:00 2022/05/28 07:17:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220527-OYT1I50148-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)