「沖縄県民斯ク戦ヘリ」父・大田中将の「遺言」に思い新た…海自OBの三男「惨事繰り返さぬ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県民の4分の1が犠牲になったとされる沖縄戦で、海軍の地上部隊を率いた大田実少将(死後に中将)は、本土宛ての電文の末尾にこう記し、命を絶った。<沖縄県民 ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ>。大田中将の三男で元海上自衛官の落合 (たおさ) さん(82)は、本土復帰50年の節目に、父が「遺言」に込めた思いをかみしめている。(狩野洋平)(●は田の右に俊のつくり)

沖縄、平和つなぐ…本土復帰50年「慰霊の日」

惨状切々と

父が送った電文を刻んだ石碑の前に立ち、那覇市街地を見つめる落合さん(27日、旧海軍司令部壕がある公園で)=田中勝美撮影
父が送った電文を刻んだ石碑の前に立ち、那覇市街地を見つめる落合さん(27日、旧海軍司令部壕がある公園で)=田中勝美撮影

 27日夕、沖縄県豊見城市にある旧海軍司令部 ごう で慰霊祭が開かれた。那覇空港に近い一帯は戦後、焼け野原となったが、今では住宅街が広がっている。「道半ばだが、着実に沖縄は発展してきた」。自宅がある神奈川県鎌倉市から参加した落合さんは、父の電文が刻まれた石碑の近くに花をささげ、感慨深げに語った。

 1945年1月、大田中将は沖縄に着任し、この場所に置かれた司令部で約1万人の海軍部隊を指揮した。陸軍とともに米軍を迎え撃ったが、圧倒的な火力の前に苦戦を強いられ、同6月13日、司令部壕で自決した。

 その直前、東京の海軍次官宛てに電文を送っていた。軍が戦闘に専念して県民を顧みることができなかったことや、若い女性までも砲弾運びに志願したこと、そして一本の草木さえ残らないほどの焦土と化した惨状を切々と伝えた。

渦巻く反自衛隊感情

 落合さんは11人きょうだいの9番目に生まれた。「父は大好きな酒を飲んでいたとき膝にのせてくれた。沖縄に赴く前は死を覚悟していたためか、とにかくかわいがってくれた」と話す。

1

2

3

沖縄復帰50年、特集と最新ニュース
沖縄復帰50年
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3039485 0 社会 2022/05/29 05:00:00 2022/05/29 08:44:26 2022/05/29 08:44:26 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220528-OYT1I50158-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)