警官が送り届けた男性、4時間後に再訪問すると…玄関で座ったまま死亡しているのを発見

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県警神奈川署は28日、署員が保護して自宅へ送った横浜市神奈川区の男性(77)が、約4時間後に死亡しているのが見つかったと発表した。同署は詳しい死因を調べている。

神奈川県警察本部
神奈川県警察本部

 発表では、27日午後3時頃、30歳代の署員2人がパトカーで巡回中、コンビニ店の敷地であおむけに寝ている男性を発見。男性が「救急搬送は必要ない」と応じたことから、近くの男性宅へ送り、玄関で椅子に座らせた。署員2人が午後7時10分頃に改めて訪れると、男性は座ったまま死亡していることが確認された。同署の小柳徹也副署長は「対応に問題はなかったと考えているが、経緯を調査する」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3039743 0 社会 2022/05/29 09:49:00 2022/05/29 11:25:11 2022/05/29 11:25:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220528-OYT1I50172-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)