カズワンの現場検証、桂田社長を立ち合わせ4時間半…船体の損傷状況を確認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU I(カズワン)」が沈没した事故で、第1管区海上保安本部による捜査が28日、本格的に始まった。1管は今後、船体の損傷や計器類の状況などを調べ、沈没直前に何が起きたのか、解明していく。

国後島で発見の男女2遺体、カズワン乗船者とDNA型一致…ロシアと引き渡し調整へ
海上保安庁による観光船「KAZU I」の現場検証に立ち会った運航会社の桂田社長(手前から2人目)(28日、北海道網走市で)
海上保安庁による観光船「KAZU I」の現場検証に立ち会った運航会社の桂田社長(手前から2人目)(28日、北海道網走市で)

 国土交通省の現地対策本部は、カズワン船体を網走港(北海道網走市)に陸揚げした後、6月1日に乗客の家族らに公開すると明らかにした。

 1管による船体の現場検証は、28日午後1時頃に始まった。運航会社「知床遊覧船」の桂田精一社長(58)を立ち会わせ、約4時間30分かけて、損傷状況を確認するなどした。

 1管は業務上過失致死容疑で捜査を進めている。捜査について、元第3管区海上保安本部長で日本水難救済会の遠山純司・常務理事は「沈没原因の究明が最大の焦点になる」と指摘する。

 カズワンは消息を絶つ直前、「船首が浸水している」などと連絡したことがわかっている。遠山常務理事は「船底の損傷具合から、浸水の経緯が判明するのでは」とみている。

 また、エンジンやスクリューの状態や、出力を調整する 操舵そうだ 室内のレバーの位置で、沈没直前にどの程度の速度だったのか、解明できる可能性があるとする。船内から見つかった携帯電話やカメラなどのGPS(全地球測位システム)機能の分析で、詳しい航跡もわかるかもしれないという。

 遠山常務理事は「沈没に至った全容の解明が最優先だ。原因が特定できないと、捜査を進めることが難しくなる」と話している。

◆沈没原因の調査・捜査のポイント

▽船体の損傷などから浸水場所を特定

▽スクリュー、エンジンの状態などから沈没直前の運航状況を推測

▽船内にあったスマートフォンのGPS機能や時計から航跡や沈没時間を特定

知床観光船事故の最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3039380 0 社会 2022/05/29 05:00:00 2022/05/29 14:15:53 2022/05/29 14:15:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220529-OYT1I50010-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)