「個人情報はずっと犯罪組織に残ります」…SNSの「闇バイト」募集にツイッターで警告文

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 特殊詐欺グループで現金の受け取り役になる「受け子」などの「闇バイト」が、SNSを介して集められている。京都府警は、こうした募集をうかがわせる書き込みに、ツイッターで警告文を送る取り組みを始めた。安易に犯罪に加担してしまうことを予防する狙いがある。

府警がツイッターに投稿する警告文=京都府警提供
府警がツイッターに投稿する警告文=京都府警提供

 府警の捜査員が、ツイッター上に「闇バイト」「口座売ります」の文言や受け子や現金引き出し役の「出し子」の隠語である「UD」の投稿を監視。発見した場合「詐欺罪は10年以下の懲役」「口座売買は犯罪!!」などの警告文を送る。

 また「あなたの個人情報は犯罪組織にずっと残ります、あなたは今後口座を作れなくなります」「それでもいいですか?」と危機感をあおるメッセージも発信して、注意を喚起する。

 府警特殊詐欺対策室の担当者は「闇バイトをきっかけに特殊詐欺に加わらないようにするため、しっかり取り組みたい」と話す。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3039876 0 社会 2022/05/29 13:00:00 2022/05/29 13:00:00 2022/05/29 13:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220529-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)