お参りで「マイリ」が貯まる…信仰のポイント化へ批判「覚悟の上」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 若者の生活様式の変化や、コロナ禍による寺社離れに歯止めをかけようと、伝統ある仏教教団や有名神社が、参拝を促すスマートフォンアプリの導入を進めている。来店ポイントのように参拝日数に応じて特典と交換できるものもあり、「お参りをポイント化」することで、信仰心の醸成につなげたい考えだ。(渋谷聖都子)

万博で「食」テーマの唯一のパビリオン、出展辞退へ…コロナ禍で資金確保できず

  檀家だんか の減少に悩む仏教寺院では、浄土宗(総本山・知恩院、京都市東山区)が2024年の開宗850年に向けた事業の一環として、今年秋に無料アプリを導入する計画だ。6月から約7000の全末寺に登録を呼びかけ、これまで一般公開したことがない寺にも気軽にお参りできるようにする。

浄土宗が計画する公式アプリのイメージ
浄土宗が計画する公式アプリのイメージ

 「そうだ、浄土宗寺院を巡ろう」と題し、GPS(全地球測位システム)機能で各寺へ誘導。門前にたどり着くだけで「 参礼寺まいれいじ ポイント」が付与される。さらに本堂などでQRコードを読み込むと、プラスポイントを得られ、遠隔地の寺にはポイント加算する仕組みで、特典は今後検討する。各寺で購入した「スマホ御朱印」をフォトブック形式で印刷することも可能という。

 川中 光教こうきょう ・宗務総長は「宗教離れを食い止めるには、多くの人に『開かれた寺』であるべきだ。末寺の意識改革にもつなげたい」と話し、抽選で「今月のポイントアップ寺院」を決めるなど、遊び心も取り入れながら参拝者増を目指す。

神田明神境内に設けられた専用端末。スマホをかざすと「参詣(マイリ)」が貯まる(東京都千代田区で)
神田明神境内に設けられた専用端末。スマホをかざすと「参詣(マイリ)」が貯まる(東京都千代田区で)

 江戸総鎮守として知られる神田明神(東京)は今年1月から、参拝すると「 参詣マイリ 」が まる無料の公式アプリ「神田明神EDOCCO倶楽部」の運用を始めた。コロナ禍で、昨年の正月三が日の参拝者が例年(約30万人)の半数以下に落ち込んだ危機感がきっかけだ。

1

2

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3043088 0 社会 2022/05/30 21:47:00 2022/05/31 09:56:54 2022/05/31 09:56:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220530-OYT1I50113-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)