外務省に筒状容器、爆発物処理班が出動…手紙に「悪魔をぶったたく道具」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3日午前9時30分頃、東京都千代田区霞が関の外務省で、職員が郵便物の中に不審な封筒を見つけて警視庁麹町署に通報した。

不審な封筒が見つかった外務省に駆けつけた警視庁の爆発物処理班ら(3日午前11時、東京都千代田区で)
不審な封筒が見つかった外務省に駆けつけた警視庁の爆発物処理班ら(3日午前11時、東京都千代田区で)

 麹町署幹部によると、封筒はA4サイズで、銀色のテープがまかれた発煙筒のようなものや空のペットボトルなどが入っていた。

 差出人は愛知県の個人で、手紙には「悪魔たちをぶったたく道具を部屋の中で使うと、危険です」などと書かれていた。麹町署が威力業務妨害容疑で調べている。

 当初、検知器で火薬反応が出たため警視庁の爆発物処理班が出動するなど、現場は一時騒然とした。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3053107 0 社会 2022/06/03 11:21:00 2022/06/03 14:32:21 2022/06/03 14:32:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220603-OYT1I50080-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)