小倉美咲さん母「これが現実なのか…残された可能性を考えてしまいます」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山梨県道志村のキャンプ場で2019年に行方不明になった当時小学1年の小倉美咲さん(千葉県成田市)の母とも子さん(39)が3日夜、美咲さんの情報提供を求めるホームページを更新し、現在の気持ちについて記述した。

小倉美咲さんが行方不明となったキャンプ場付近(2日午前11時5分、山梨県道志村で、読売ヘリから)=伊藤紘二撮影
小倉美咲さんが行方不明となったキャンプ場付近(2日午前11時5分、山梨県道志村で、読売ヘリから)=伊藤紘二撮影

 キャンプ場近くの山中では複数の人骨が発見されており、このうち右肩甲骨などがDNA型鑑定で美咲さんのものと特定された。山梨県警は医師の見解を踏まえ、美咲さんが死亡したと判断している。骨などが美咲さんのものと特定されて以来、とも子さんがホームページを更新したのは初めて。

 とも子さんは「母親として今も美咲が無事に戻ってくる事を信じています」とつづり、鑑定結果については「今でもこれが現実なのかわからず、受け入れる事ができず、残された可能性を考えてしまいます」と記した。また、4月末から山中で捜索を続ける県警のほか、消防、自衛隊などの関係者に対して感謝の気持ちを伝えている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3057942 0 社会 2022/06/05 14:17:00 2022/06/05 14:17:00 2022/06/05 14:17:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220605-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)