5歳児死亡、日常的な虐待容疑で母親ら再逮捕…床下からは別人の骨見つかる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県本庄市で3月、住宅の床下から柿本歩夢ちゃん(当時5歳)の遺体が見つかり、3人が傷害致死罪などで起訴された事件で、県警は6日、いずれもこの家に暮らす無職石井陽子被告(54)、歩夢ちゃんの母親の派遣社員柿本知香被告(30)を、歩夢ちゃんに対する暴行容疑で再逮捕した。2人の逮捕は4回目。

埼玉県警察本部
埼玉県警察本部

 発表によると、2人は昨年1、3月、この家で歩夢ちゃんの顔を平手打ちしたり、逆さづりにして揺らしたりした疑い。県警は、傷害致死罪などで起訴されている無職丹羽洋樹被告(34)を含めた3被告が、歩夢ちゃんを日常的に虐待していたとみて捜査している。

 また、県警は6日、この家の床下から別人の骨が見つかり、鑑定の結果、かつてこの家に住んでいた高齢女性と判明したと明らかにした。近隣住民らによると、高齢女性は石井、丹羽両被告と同居していて、5年ほど前から姿が見えなくなった。柿本被告と歩夢ちゃんは、昨年1月頃からこの家で暮らし始めたという。県警は女性が死亡した経緯を調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3060456 0 社会 2022/06/06 13:02:00 2022/06/06 16:07:51 2022/06/06 16:07:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220606-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)