裁判長「通行妨害の目的あったのは明らか」…東名あおり運転・石橋被告に懲役18年

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県大井町の東名高速道路で2017年、「あおり運転」の末に一家4人を死傷させたとして、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた福岡県中間市、無職石橋和歩被告(30)に対する差し戻し審の裁判員裁判で、横浜地裁は6日、危険運転致死傷罪の成立を認め、求刑通り懲役18年の判決を言い渡した。弁護側は「有罪を前提とした判決」として控訴する方針を示した。

 判決によると、石橋被告は17年6月5日夜、東名高速道路下り線で、前に割り込んで減速する妨害運転を4回繰り返し、静岡市清水区の萩山友香さん(当時39歳)が運転するワゴン車を停車させ、後続の大型トラックによる追突事故を誘発。友香さんと夫の嘉久さん(当時45歳)を死亡させ、娘2人に軽傷を負わせた。

横浜地裁
横浜地裁

 弁護側は「事故になるような危険な運転はしていない。原因は追突した大型トラックの無謀運転だ」として、危険運転致死傷罪について無罪を主張した。これに対して青沼潔裁判長は「通行を妨害する目的があったことは明らか」とし、「死傷の結果は妨害運転の危険が現実化したもの」と指摘。弁護側の主張を退けた。

 横浜地裁は18年の1審でも、「あおり運転」と事故との因果関係を認め、懲役18年(求刑・懲役23年)を言い渡していた。東京高裁も19年の控訴審で、危険運転致死傷罪が成立するとした地裁の判断に誤りはないとした。

 高裁は一方で、地裁が公判前整理手続きで「危険運転致死傷罪は成立しない」との見解を検察、弁護側の双方に示したのは越権行為だなどとして、1審判決を破棄。地裁で審理をやり直すよう命じていた。

 東京都立大の星周一郎教授(刑法)は「看過できない地裁のミスで裁判がやり直しとなり、遺族に大きな負担をかけた。裁判後の精神的支援が不可欠だ」と指摘した。

 「あおり運転」は法律で明確に規定されていなかったが、事故を機に道路交通法が改正され、急ブレーキや急な車線変更など10類型を対象とした「あおり運転罪」が創設された。自動車運転死傷行為処罰法も改正され、走行中の車の前で停車し、進行を妨げる行為などを「危険運転」に加えた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3061568 0 社会 2022/06/06 20:57:00 2022/06/07 01:26:43 2022/06/07 01:26:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220607-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)