サイバー攻撃でウイルス感染の病院、パソコン古くセキュリティーソフト稼働させず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年10月にサイバー攻撃を受け、身代金要求型ウイルス「ランサムウェア」に感染し、約2か月間病院機能の一部が停止した徳島県つるぎ町立半田病院は7日、町議会の全員協議会で、有識者会議の調査報告書を示した。電子カルテシステムを操作するパソコンのセキュリティー対策ソフトを稼働させていなかったことが明らかになった。

サイバー攻撃の被害に遭ったつるぎ町立半田病院
サイバー攻撃の被害に遭ったつるぎ町立半田病院

 調査報告書によると、電子カルテシステムにアクセスするパソコンの端末が古く、新しいセキュリティー対策ソフトを入れると、システムの動作が遅くなる恐れがあったという。電子カルテの販売事業者の指示で、ソフトの稼働が止められていた。

 ウイルスは、外部から電子カルテに接続する際に使う機器「VPN」から侵入した可能性が高いとみられる。報告書は「対策ソフトがあれば攻撃は阻止できた可能性がある」とし、病院の危機意識が低く、対策を怠った事業者の責任も重いと指摘した。

 同病院では昨年10月末、サイバー攻撃を受けパソコン40台がウイルスに感染。患者約8万5000人分のカルテが閲覧できなくなり、今年1月3日まで通常診療を制限した。

 病院事業管理者の須藤泰史医師は「調査報告書を踏まえ、事業者側とセキュリティー対策の構築について協議し、再発防止を図っていきたい」と述べた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3064847 0 社会 2022/06/07 22:16:00 2022/06/08 06:40:03 2022/06/08 06:40:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220607-OYT1I50179-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)