Z世代の新入社員「仕事よりも私生活」8割超、コロナで対面講義少なく「人間関係」に不安

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「Z世代」の若者は、8割以上が仕事よりもプライベート――。北陸3県の新入社員がそう考えていることが、北陸経済研究所(富山市)の調査で分かった。

東京都で新たに2万2740人コロナ感染、9日連続で1週間前を下回る

 Z世代とは、1990年代中盤以降に生まれた世代を指す。同研究所は、彼らを象徴する2000年生まれの若者が、この春大学を卒業して社会人になり始めるのに合わせ、4月に調査を実施。同研究所が開いたセミナーに参加するなどした、北陸3県に本社のある企業の新入社員を対象にインターネットで行い、仕事への取り組み姿勢や今後の不安、就職活動などを質問し、213人が回答した。

 「仕事よりプライベート優先」か「プライベートより仕事優先」のどちらに近いかを聞く質問項目では、前者に「近い」「やや近い」とした人が計83・1%に上った。また、自分の職業観について近いものを、選択肢の中から複数回答で選んでもらったところ、仕事との距離感をうかがわせる結果が出た。82・2%ともっとも多かったのは、「仕事も大事だが個人の生活も大事にしたい」。「人並みに働いて給料をもらえればよい」(30・0%)、「できれば楽な仕事をしたい」(16・9%)などの回答も目立った。一方、「働きがいがあれば仕事の苦労はかまわない」(22・1%)など、働きがいを最優先する人も一定数いた。同研究所は、新入社員のうちからワークライフバランスを強く意識している点が、Z世代の特性だと見ている。

 これからの不安について尋ねた項目(複数回答)では、「上司や同僚との人間関係」が61・5%と多かった。2位の「仕事での失敗やミス」(38・0%)や3位の「自分の能力やスキル」(24・9%)を大きく引き離しており、職場環境に強い不安を抱いていることがうかがえる。

 同研究所は背景に、コロナ禍の影響もうかがえると分析。丸沢千春主任研究員は「今年の新人は、学生時代にオンライン講義が多かったため、対面で教員などに会う機会が少なく、フォーマルな対人関係に弱い。受け入れ側の企業は、対面での研修などを通じて、言葉で丁寧に伝えることが必要」としている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3075232 0 社会 2022/06/11 16:08:00 2022/06/12 18:19:22 2022/06/12 18:19:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220609-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)