自転車事故装い保険金詐欺、自称トレーダー「株投資に使った」…30人で2700万円詐取か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自転車の事故を装い、保険金をだまし取ったとして、警視庁は10日、自称トレーダーの男(53)(千葉県船橋市)、無職の男(55)(東京都板橋区)ら男4人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。2014年以降、約30人が計108件の事故を起こしたと偽り、保険金約2700万円を詐取したとみて調べている。

警視庁
警視庁

 発表によると、4人は2017年8~12月、無職の男が自転車で転んで通院したと偽り、保険会社から通院費として約46万円をだまし取った疑い。いずれも容疑を認め、自称トレーダーの男は「株の投資に使った」と供述している。保険会社が不審な申請に気づき、警視庁に相談した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3072877 0 社会 2022/06/10 15:42:00 2022/06/10 15:42:00 2022/06/10 15:42:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220610-OYT1I50106-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)