バレー部顧問の女性教諭、部活の指導中に部員11人の尻を蹴る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府教育委員会は10日、大麻を使用するなどした府立支援学校の講師(32)を懲戒免職処分にした。発表によると、講師は4月24日、乾燥大麻1グラムを購入し、一部を使用。車で走行中に警察官から職務質問を受け、大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕された。

大阪市役所
大阪市役所

 また、大阪市教委は10日、カウンセリングとして相談を受けていた知人から報酬として200万円を受け取った市立小学校の男性教諭(42)を停職2か月、市立中学校の男子バレーボール部の顧問だった女性教諭(25)を減給10分の1(6か月)の懲戒処分にしたと発表した。いずれも5月31日付。

 発表によると、女性教諭は2020年12月と21年4月、部活動で指導中に部員計11人の尻を蹴ったという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3075100 0 社会 2022/06/11 14:30:00 2022/06/12 16:33:41 2022/06/12 16:33:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220611-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)