女「ホテルで産んだ」、クーラーボックスも購入…コインロッカー男児遺体

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道のJR千歳駅のコインロッカーで生後まもない男児の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された住所不定、無職の女(22)が男児について、「ホテルで産んだ」と供述していることが11日、捜査関係者への取材でわかった。女は札幌市内のホテルやインターネットカフェを転々とする生活を送っていたといい、道警は、女と男児の関係や遺棄の経緯について調べている。

北海道警察本部
北海道警察本部

 女は5月31日頃、男児をクーラーボックスに入れ、JR千歳駅のコインロッカー内に遺棄した疑いが持たれている。男児は死後1週間から1か月以内とみられる。

 捜査関係者によると、クーラーボックスは女が購入したもので、遺体はクーラーボックスの中で袋に入って見つかった。男児はコインロッカーに入れられる数日以上前に生まれていたとみられる。女は調べに対し、数か月前に東北地方から北海道に来たと説明している。

 千歳署は11日、女を死体遺棄容疑で札幌地検に送検した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3076820 0 社会 2022/06/12 10:37:00 2022/06/12 12:55:21 2022/06/12 12:55:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220612-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)