道志村で発見の上下のあごの骨、小倉美咲さんのものと特定…歯の形状や治療痕が一致

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山梨県警は15日、道志村のキャンプ場近くで発見された上下のあごの骨について、鑑定の結果、付近で2019年に行方不明になった当時小学1年の小倉美咲さん(千葉県成田市)のものと特定したと明らかにした。

小倉美咲さんが行方不明となったキャンプ場付近(先月2日、山梨県道志村で、読売ヘリから)
小倉美咲さんが行方不明となったキャンプ場付近(先月2日、山梨県道志村で、読売ヘリから)

 県警によると、あごの骨には計8本の歯が残っており、歯の形状や治療痕が美咲さんの治療記録と一致した。一方、個人を特定するDNA型は検出されなかったという。

 付近からはこれまでに、DNA型鑑定で美咲さんのものと特定された右肩の骨など6点を含む計約20点の人骨が見つかっている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3085149 0 社会 2022/06/15 19:18:00 2022/06/15 22:03:22 2022/06/15 22:03:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220615-OYT1I50149-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)