丸の内オアゾ6階から転落、小6男児が死亡…防犯カメラに大人が止めようとする様子も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都千代田区丸の内の商業施設「丸の内オアゾ」で18日夜、男児が6階から3階に転落した事故で、意識不明の重体だった都外の小学6年の男児(12)が19日午後、搬送先の病院で死亡した。警視庁丸の内署は男児が自殺を図ったとみて調べている。

子どもが転落した商業施設(18日午後9時20分、東京都千代田区で)=沼田光太郎撮影
子どもが転落した商業施設(18日午後9時20分、東京都千代田区で)=沼田光太郎撮影

 丸の内署幹部によると、近くの防犯カメラの映像で、男児が転落の約3分前、1人で施設の1階から入る姿が確認された。さらに映像には、飲食店フロアの6階の吹き抜け部分で柵を乗り越え、転落直前には周囲の大人が止めようとする様子も映っていたという。

子どもが転落した商業施設の現場周辺を調べる捜査関係者(18日午後9時25分、東京都千代田区で)=沼田光太郎撮影
子どもが転落した商業施設の現場周辺を調べる捜査関係者(18日午後9時25分、東京都千代田区で)=沼田光太郎撮影
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3095642 0 社会 2022/06/19 20:32:00 2022/06/26 19:02:03 2022/06/26 19:02:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220619-OYT1I50111-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)