プリンターから大量の紙、パソコンは勝手に再起動…サイバー攻撃を受け病院で異常現象

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 徳島県鳴門市の鳴門山上病院が、「ランサムウェア」と呼ばれる身代金要求型ウイルスによるサイバー攻撃を受け、電子カルテや院内のLANシステムが使えなくなっていることがわかった。同病院は県や県警などに報告し、個人情報の流出など被害状況の確認を進めている。

サイバー攻撃を受けた鳴門山上病院(徳島県鳴門市で)=竹川知希撮影
サイバー攻撃を受けた鳴門山上病院(徳島県鳴門市で)=竹川知希撮影

 同病院や県などによると、19日午後5時40分頃、院内のプリンターから大量の印刷物が出たり、パソコンが勝手に再起動したりする異常現象が発生。ランサムウェアによる攻撃を示す画面が表示され、システムが利用できない状況に陥ったという。攻撃者からの要求の有無はわかっていない。

 同病院のホームページによると、主に高齢者のリハビリや介護などを担っており、病床数は90床。内科や外科などの九つの診療科がある。同病院は20日、新規の外来患者の受け入れを停止。医療機器への影響はないため、入院や通院中の患者の診療は通常通り行った。

 病院へのサイバー攻撃を巡っては、同県つるぎ町立半田病院でも同様のウイルスに感染し、昨年10月から約2か月間、病院機能の一部が停止する事態になった。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3098612 0 社会 2022/06/20 21:19:00 2022/06/20 21:19:00 2022/06/20 21:19:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220620-OYT1I50132-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)