元同僚の女性教諭との「関係に疲れ」「シートベルトで絞殺」…高校教諭を再逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道帯広市の雑木林で道立北見緑陵高校教諭、宮田麻子さん(47)の遺体が見つかった事件で、道警は22日、道立帯広農業高校教諭、片桐 朱璃しゅり 容疑者(35)を殺人容疑で再逮捕した。

女性の遺体が発見された雑木林(2日、北海道帯広市で)
女性の遺体が発見された雑木林(2日、北海道帯広市で)

 発表によると、片桐容疑者は5月30日午前4時半頃、帯広市内の商業施設の駐車場に止めた車の中で、宮田さんの首を絞めて殺害した疑い。2人は3月まで同じ高校で働き、交際していた。調べに対し、片桐容疑者は「宮田さんとの関係に疲れ、首にシートベルトを巻いて絞めて殺した」と供述しているという。

 片桐容疑者は5月30日夜、宮田さんの遺体を雑木林に埋めて遺棄したとして、6月2日に死体遺棄容疑で逮捕されていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3104526 0 社会 2022/06/22 20:19:00 2022/06/23 07:48:22 2022/06/23 07:48:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220622-OYT1I50155-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)