根室から歯舞へ200隻超が出漁、ロシア側の関係者は次々と漁船を「訪船」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北方領土の 歯舞はぼまい 群島・貝殻島周辺でのコンブ漁が22日に始まり、200隻を超える漁船が一斉に出漁した。例年は6月1日に出漁するが、ロシアによるウクライナ侵攻の影響で日露間の交渉が難航し、操業が遅れた。

プーチン氏が警告「脅威を作り出すということだ」…北欧2か国に軍事設備を配備なら
北方領土の歯舞群島・貝殻島灯台の周辺でコンブを採取する漁船
北方領土の歯舞群島・貝殻島灯台の周辺でコンブを採取する漁船

 根室市の 納沙布のさっぷ 岬の沖合に集まった漁船は、22日午前6時、小倉啓一・歯舞漁協組合長らが振った旗を合図に出漁した。3・7キロ先の貝殻島灯台付近に次々到着すると、 さお を使ってコンブを採取した。

 現場海域では、操業ルール順守を求める歯舞漁協の指導船など3隻のほか、ロシア側の警備艇も監視に当たった。ロシア側の関係者は次々と漁船を「訪船」して操業の書類の点検などを行い、漁業者は緊張しながらの漁となった。

 漁を終えて戻った歯舞漁協昆布部会長の柿本康弘さん(68)は、「天候に恵まれ、見晴らしもよかった。流氷の影響もありコンブの着生は薄いようだが、生活の糧である操業ができることが第一。これからに期待して一生懸命操業したい」とほっとした表情で語った。操業期間は9月30日まで。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3105777 0 社会 2022/06/23 06:51:00 2022/06/23 08:07:42 2022/06/23 08:07:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220623-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)