「兄をナイフで刺した」と110番、弟を殺人未遂で逮捕…兄は搬送先で死亡確認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福島県警郡山署は23日、郡山市桑野、無職鎌瀬重則容疑者(59)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

福島県警察本部
福島県警察本部

 発表によると、鎌瀬容疑者は23日午前1時10分頃、自宅アパートで、同居する兄の喜好さん(63)の首をナイフで刺し、殺害しようとした疑い。喜好さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 鎌瀬容疑者は「兄をナイフで刺した」と自ら110番した。80歳代の母親と兄弟の3人暮らしという。同署は殺人容疑に切り替え、動機などを調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3106318 0 社会 2022/06/23 10:44:00 2022/06/23 16:14:42 2022/06/23 16:14:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220623-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)