全住民の個人情報入りUSB紛失、生活保護や納税有無も記載…協力会社員が持ち出し路上で寝込む

 兵庫県尼崎市は23日、全市民約46万人分の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。委託業者が市に無断で持ち出していたという。USBは暗号化処理されており、市は今のところ情報流出は確認されていないとしている。

個人情報の紛失を受け、謝罪する稲村和美市長(23日、兵庫県尼崎市で)

 市の発表では、USBには、住所と氏名、生年月日など住民基本台帳に記されている全情報のほか、住民税を納めているかどうかわかる情報、生活保護や児童手当を受けている延べ約8万世帯の氏名とその銀行口座番号も含まれていた。

 USBを紛失したのは、情報システム会社「BIPROGY(ビプロジー)」(旧・日本ユニシス)の関西支社(大阪市)の協力会社に勤める40歳代の男性社員。ビプロジーは、コロナ禍の生活支援のため住民税非課税世帯などに支給される「臨時特別給付金」の業務を市から受託している。

 男性社員は21日、尼崎市の市政情報センターでUSBに市民のデータを移し、かばんに入れ、大阪府吹田市のコールセンターまで持ち運んだ。給付金の問い合わせをしてきた市民の本人確認などに使うためで、センターのシステムに移し替えた後、午後7時半から約3時間にわたって同市内の居酒屋でビプロジーの社員3人と飲酒した。

 男性社員は3人と別れた後、帰宅中に路上で寝込み、22日未明に目が覚めた時にUSBが入ったかばんがなくなっていることに気づいたという。

 同日、男性社員が府警に遺失物届を出し、同社が尼崎市に経緯を報告した。

 市と同社の業務委託契約では、データの持ち出し自体は認めていたものの、市の許可を事前に得る必要があった。また、データ移行後はUSBから削除する取り決めになっていた。

 しかし、男性社員は許可を得ずに無断で持ち出し、移行後のデータの削除も怠っていた。同行した同社社員も気づいていたが、注意しなかったという。

 男性社員は約20年前から市のシステム管理を担当していた。市政情報センターに自由に出入りし、市のシステムからデータを取り出すIDやパスワードも知る立場だった。

 一方、市はデータの持ち出しに許可を求めながら、どういった書類を提出するかなど具体的な手続きは定めていなかったという。

 USBは、データを移した段階で自動的に内容が暗号化処理されるものを使用しており、パスワードもかけられていた。パスワードがないと、ファイルを開いても読み取れないという。

 尼崎市の稲村和美市長は23日午後に記者会見し、「市民のみなさまにご心配をおかけして大変申し訳ない」と陳謝。「初歩的なミスで許されない。運搬方法の確認に甘さがあったと言わざるを得ない。最悪の事態を想定して対応すべきだと考えている」と述べた。

 ビプロジーの三宅裕昭・ビジネス三部長は「深く反省している。重大な問題で、弊社としてできる限りの対応をしていきたい」と話した。

 市は専用ダイヤル(050・3133・1403)を開設し、市民からの問い合わせに応じている。

社会
ページTOP