認知症の行方不明、昨年最多の1万7636人…電車にはねられ死亡や山中で白骨化も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国の警察に昨年、届け出があった認知症の行方不明者は延べ1万7636人で、統計を取り始めた2012年から9年連続で増加し、過去最多を更新したことが警察庁のまとめでわかった。大半は無事保護されたが、電車にはねられて死亡したケースもあった。警察庁は「自治体と情報共有を進め、早期発見につなげたい」としている。

警察庁
警察庁

 警察庁によると、認知症の行方不明者は昨年、男性9631人、女性8005人だった。都道府県別では大阪が最も多い1895人で、埼玉1875人、兵庫1804人、神奈川1604人などと続いた。東京は1215人だった。

 年齢別では、60歳代が913人で、70歳代が6706人、80歳以上が9893人だった。

 警察は捜索を行うほか、防災行政無線の放送やメール配信などで市民に情報提供を求めている。昨年は届け出を受けた当日に約7割、1週間以内に99・4%の無事を確認した。一方、前年以前の届け出分も含め、450人の死亡が確認された。電車にはねられた例のほか、山中で白骨化して見つかった人もいたという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3106700 0 社会 2022/06/23 12:58:00 2022/06/23 14:53:23 2022/06/23 14:53:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220623-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)