「しばらく家を空け帰ったら妻が息してない」…実は在宅だった可能性の夫を死体遺棄容疑で逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 妻の遺体を自宅に放置したとして、福岡県警は23日、松江市の自称自営業の男(50)を死体遺棄容疑で逮捕したと発表した。県警は、男が妻の死亡の経緯を知っているとみて調べる。

福岡県警本部
福岡県警本部

 発表では、男は2月4日、福岡市中央区の自宅マンション(当時)の一室に、派遣社員の妻(当時38歳)の遺体を遺棄した疑い。容疑を否認しているという。

 事件当時、男は妻と2人暮らし。同10日昼、「しばらく家を空けていて、帰ってきたら妻が息をしていない」と119番し、その場で妻の死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は急性硬膜下血腫で、死亡推定時期は同4日だった。

 男が同4日、自宅にいた可能性が高いことが防犯カメラの映像などから判明しており、県警は、死亡経緯を慎重に調べる。男は事件後、松江市内に転居していたという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3107967 0 社会 2022/06/23 18:31:00 2022/06/23 18:45:31 2022/06/23 18:45:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220623-OYT1I50119-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)