「脳みそ入ってんのか」「バレーやめたら」…死亡の高3に暴言、元顧問の職員を懲戒免職

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2018年7月に岩手県立不来方高校のバレーボール部に所属していた3年の 新谷あらや 翼さん(当時17歳)が自殺した問題で、県教育委員会は24日、当時の部顧問だった男性指導主事(45)を懲戒免職にしたと発表した。元顧問が新谷さんに不適切な言動を行い、「重度の精神的な苦痛を与えた」と判断した。

元顧問の生徒への不適切な言動を受け、謝罪する岩手県教委教職員課の八重樫総括課長(左)ら(24日、岩手県庁で)
元顧問の生徒への不適切な言動を受け、謝罪する岩手県教委教職員課の八重樫総括課長(左)ら(24日、岩手県庁で)

 2年前の第三者委員会の調査報告書で元顧問の言動が自殺の一因となったとされた点については「判断は困難」とした。

 県教委によると、元顧問は15~18年度、顧問を務めていたバレーボール部の複数の生徒に対し、不適切な言動を行った。そのうち、新谷さんには18年5~6月、「バレーやめたら」「脳みそ入ってんのか」「幼稚園児だ」などの暴言を浴びせたり、試合敗退の責任を押しつけて叱責したりした。県教委の聴取で、元顧問は「激励のつもりで発言したが、そう捉えてもらえない部分があった。申し訳ないと思う」と述べたという。県教委は、免職とした元顧問に加え、当時の副校長5人を管理監督責任として戒告とした。

 一方で、20年7月に公表された第三者委の調査報告書で元顧問の言動が自殺の原因の一つに挙げられた点について、県教委教職員課の八重樫学総括課長は「自死の背景に叱責があるとの内容は重く受け止めている」としたものの、「(因果関係の有無を)判断することは困難だ」と述べるにとどめた。元顧問の処分に報告書公表から2年かかったことについては「慎重に事実関係を調査した結果、時間を要してしまった」と釈明した。

 県教委の佐藤博教育長は「重大事案を起こし、教育に対する県民の信頼を損ねる事態となったのは、遺憾の極み。学校や県教育委員会としての指導も十分でなかったことについて、深くおわび申し上げます」とコメントした。

 県教委の処分発表を受け、新谷さんの両親が代理人の弁護士を通じてコメントを発表した。父親の聡さん(55)は「処分決定で元顧問による新たな被害者が出ることは防ぐことができたと思う」とした上で、「当時の学校長が正しい判断を持ち合わせていれば、翼が犠牲になることはなかった」と、引き続き再発防止策の策定を求めた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3112338 0 社会 2022/06/24 23:16:00 2022/06/24 23:16:00 2022/06/24 23:16:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220624-OYT1I50193-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)