給付金詐取の男、口ぐせは「一獲千金」…最新の話題に敏感「知識は武器だ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス対策の持続化給付金詐欺では過去最大の10億円近くがだまし取られたとされる事件で、谷口光弘容疑者(47)が22日にインドネシアから移送され、警視庁に詐欺容疑で逮捕された。飲食業など複数の会社を経営していた谷口容疑者は、数年前にインドネシアの油田開発で損失を抱えたといい、事業資金に窮して不正受給を始めた可能性が浮上している。

国内で新たに16万8826人コロナ感染、死者210人…重症者は34人増の637人
インドネシアで入管職員に連れられて空港に向かう谷口容疑者(22日)
インドネシアで入管職員に連れられて空港に向かう谷口容疑者(22日)

 「もうけ話が好きで、よく『一獲千金』という言葉を口にしていた」。谷口容疑者について、地元・三重県松阪市に住む40歳代の知人男性はそう語る。

 知人らによると、谷口容疑者は地元の高校を出た後、バーテンダーのアルバイトを経て20歳代前半で独立し、地元でバーを開いた。その後、洋風居酒屋など複数の店を手がけ、情報誌の発行なども行っていた。

 新しい制度や最新の話題に敏感で、「知っているのと知らないのでは大きく違う。知識は武器だ」と話した。新規事業に乗り出す際は「一獲千金だ」と語っていたという。

 2011年の東日本大震災後、再生可能エネルギーとして注目が高まった太陽光発電の関連事業に進出。三重県の山間部などに発電設備を設置するとして国に申請を行い、必要な認定を得た上で、事業ごと売却して利益を得たという。

利回り200%

 14年には東京に拠点を移し、港区六本木に会社を設立した。韓国クラブの共同経営に乗り出すなどし、事業拡大を目指した。

 だが、まもなくインドネシアの油田開発事業に手を出した。知人らに採掘現場の動画や事業計画書を見せ、「利回りは200%」などと言って出資を募ったが、事業が頓挫。知人らから金の返済を迫られるようになったとみられる。

1

2

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3112543 0 社会 2022/06/25 05:00:00 2022/06/25 09:12:04 2022/06/25 09:12:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220624-OYT1I50212-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)