相次いだ給付金不正の返還申告、3割で入金ゼロ…「指南役」への手数料も壁

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国で不正受給が相次いだ持続化給付金について、今月23日までに受給者が返還を申し出た2万2664件のうち、約3割の7203件はまだ1円も返還されていないことが中小企業庁への取材でわかった。

バイデン氏が2日連続で陰性、通常執務に復帰…ファイザー飲み薬で再陽性の「リバウンド」か
中小企業庁
中小企業庁

 同庁によると、一部または全額が返還されたのは1万5461件で、返還額は約166億円。給付金は最大で法人200万円、個人100万円で、全額未返済のケースを1件当たり100万円で換算すると、約72億円に上る。

 返還希望者から相談を受けている上原幹男弁護士によると、給付金を使い切って手元に金がない人のほか、受給額の3~4割を手数料として「指南役」に支払い、その分が返せなくなっている人もいるという。

 上原弁護士は「期限を設けて返還を促すなど、国が個々の受給者の事情に沿って対応を進めるべきだ」と指摘している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3112603 0 社会 2022/06/25 05:00:00 2022/06/25 05:00:00 2022/06/25 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220624-OYT1I50223-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)