ガラス割れる音、住人「不審者いる」と110番…署員が酒に酔った警部補発見

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道警は24日未明、稚内市こまどり4、稚内署刑事課の男性警部補(32)を住居侵入の疑いで現行犯逮捕した。道警は同日夕に釈放し、今後任意で捜査を続ける。

北海道警察本部
北海道警察本部

 発表によると、警部補は24日午前1時5分頃、同市港3の住宅の風除室に侵入した疑い。ガラスが割れる音を聞いた住人が「不審者がいる」と110番した。

 稚内署員が駆けつけると、警部補は酒に酔っており、風除室のドアガラスの下部が割れていたという。警部補は容疑を認めた上で、「酔っていて記憶があいまい」と話しているという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3112882 0 社会 2022/06/25 07:30:00 2022/06/25 07:30:00 2022/06/25 07:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220625-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)