「レンガ坂」の舗装デザイン、市民の投票で決定…東京・多摩市

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都多摩市は、改修を進めている多摩センター駅近くの自転車歩行者専用道路「レンガ坂」(市道)のデザインを市民の投票で決めることにした。現地に3種類の見本を設置し、投票を受け付けている。

「ブラウン系」
「ブラウン系」
「ブラウン系玉吹き加工」
「ブラウン系玉吹き加工」
「モカ系とブラウン系の2色」
「モカ系とブラウン系の2色」

 舗装の素材は、耐久性に優れて滑りにくいアスファルトを採用。改修前のレンガ調に対する市民の愛着は深く、市ではレンガタイルの趣を残せる3種類の「型押し式カラーアスファルト」のデザイン候補を用意し、レンガ坂南側の広場に試験施工した。

 候補は「ブラウン系」「ブラウン系玉吹き加工」「モカ系とブラウン系の2色」で、9月30日まで現地で投票するか、同市のホームページなどからも可能。改修工事の完工は2023年6月の見込み。市道路交通課の担当者は「ぜひ現地で見ていただいて応募してほしい」と呼びかけている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3115222 0 社会 2022/06/26 11:52:00 2022/06/26 11:52:00 2022/06/26 11:52:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220625-OYT1I50147-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)