飲酒ひき逃げの中学教諭、警官に「他人が運転していた」…被害者のドラレコに運転する姿

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 飲酒運転でひき逃げ事故を起こしたとして、福岡県警門司署は25日夜、北九州市立中学校教諭の男(25)(門司区)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)の疑いで逮捕した。「逃げたわけではない」と容疑を一部否認しているという。

福岡県警本部
福岡県警本部

 発表では、男は25日午前7時40分頃、門司区原町別院の交差点で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転して女性(67)の軽乗用車と衝突し、女性の顔や膝に約1週間のけがを負わせ、逃走した疑い。

 門司署員が現場付近で前部が壊れた車と男を発見。呼気から基準値の3倍を超えるアルコール分が検出された。男は当初、他人が運転していたと話したが、女性の車のドライブレコーダーに、運転する男の姿が映っていたという。

 市教育委員会の 古小路こしょうじ 忠生教育次長は26日、記者会見に臨み、「模範となるべき教員が逮捕され、大変遺憾。厳正に対処する」と述べた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3115739 0 社会 2022/06/26 20:06:00 2022/06/26 21:27:11 2022/06/26 21:27:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220626-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)