初夏の味覚・ネマガリダケ採りで入山、遭難者が急増…下向いて夢中になり「方向感覚失う」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長野県・北信で収穫の最盛期を迎えた初夏の味覚「ネマガリダケ」を採りに入山し、遭難する人が急増している。23日時点の遭難者は8人で、すでに昨年の遭難者(2人)を大幅に上回っている。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着く中、入山者が増えたとみられる。

 22日には栄村堺の山林で、女性(87)が行方不明になり、現在も見つかっていない。女性は息子と入山したが、途中から2人は分かれて行動していたという。19日には木島平村の山林で男性会社員(57)が約5メートル滑落し、右肘を折る重傷を負った。

長野県警察本部
長野県警察本部

 ネマガリダケは長さ20センチほどで、高さ2~3メートルのささやぶに自生している。県警山岳安全対策課によると、下を向いて採取に夢中になっているうちに方向感覚を失い、迷うケースが多いという。

 同課の櫛引知弘管理官は「携帯を充電するなど入山前の準備が大切だ。電波が届かない範囲も確認してほしい」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3121331 0 社会 2022/06/28 16:28:00 2022/06/28 16:28:00 2022/06/28 16:28:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)