【独自】持続化給付金詐欺、東京国税局職員の男を詐欺容疑で再逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

  新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして東京国税局職員らが逮捕された事件で、警視庁は27日、同国税局鶴見税務署員の塚本晃平被告(24)(詐欺罪で起訴)を詐欺容疑で再逮捕した。

コロナ感染者搬送に「5時間以上」週88件、過去最長「35時間47分」の事例も…東京
警視庁
警視庁

 発表によると、塚本被告は2020年7月、東京都の当時19歳の飲食店アルバイトの男(詐欺容疑で書類送検)がコロナ禍で収入を減らした個人投資家だと偽り、持続化給付金100万円をだまし取った疑い。黙秘している。警視庁は、塚本被告が職場で得た知識を悪用し、詐欺グループの一員として、給付金の申請に必要な確定申告書の偽造を担当したとみている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3118504 0 社会 2022/06/27 18:16:00 2022/06/27 22:52:42 2022/06/27 22:52:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)