関東甲信の梅雨、わずか21日間で明ける…九州南部・東海も期間は過去最短

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 梅雨前線の北上に伴い、気象庁は27日、九州南部、東海、関東甲信の各地方が梅雨明けしたとみられると発表した。いずれも平年より2週間以上早く、関東甲信は、統計が残る1951年以降で最も早い発表となった。九州南部と東海地方でも過去2番目の早さ。

梅雨明けし、猛暑となった東京都心では、路面に水があるように見える「逃げ水」現象が見られた(27日午後、東京都千代田区で)=守谷遼平撮影
梅雨明けし、猛暑となった東京都心では、路面に水があるように見える「逃げ水」現象が見られた(27日午後、東京都千代田区で)=守谷遼平撮影

 今年は前線の北上が早く、九州北部や四国、本州の残る地方の梅雨明けも早まる見通しだ。梅雨の期間は平年は1か月以上あるが、今年は東海が13日間、九州南部が16日間、関東甲信が21日間で、いずれも速報値では過去最短となっている。

 雨量も少なく、今月25日までの4週間で、東日本の日本海側の降水量は平年の69%、太平洋側が88%。西日本が78%だった。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3118700 0 社会 2022/06/27 20:01:00 2022/06/28 00:07:03 2022/06/28 00:07:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50117-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)